「内容証明」「名ばかり管理職」「任意交渉」などの意味を説明します。

ヘッダー画像

【な行】な~ので始まる用語

内容証明

「いつ誰がどういう内容の手紙を出したか」郵便局が証明してくれる郵便物が「内容証明郵便」です。
「相手方が受け取った日時」も証明される「配達証明つき内容証明郵便」にして出すのが通常です。

内容証明はすべての郵便局で取り扱いがあるわけではありません。
集配郵便局及び支社が指定した郵便局でのみ発送が可能です。

内容証明を出すには
①文書3通(1通は相手方への発送分・1通は郵便局保管用・1通は差出人保管分)
②差出人及び受取人の住所氏名を記載した封筒
が必要です。

名ばかり管理職

労働基準法上の「管理監督者」にあたらない管理職のことを指して言います。

管理監督者には残業代支給の義務がないため、労働者が名ばかり管理職か労働基準法上の管理監督者にあたるかは残業代請求において争点となります。「経営者の一体的な立場で仕事をしている」と言える程の権限がなければ管理監督者には当てはまりません。

課長や店長など管理職であることを理由に残業代を支給しないケースがありますが、実際には権限の弱い「名ばかり管理職」であることがよくあります。

任意交渉 裁判外で交渉を進めることを任意交渉と言います。「示談」と意味合いは同じです。

電話番号

ページ上部へ

サイトマップ運営者情報免責事項

残業代請求や未払い残業代請求でよく用いられる用語をまとめています。当ページでは「な~の」で始まる用語をご紹介します。

Copyright © 2017 残業代請求・未払いサポートセンター All Rights Reserved.